淀川区 十三 市原整骨院 鍼灸 小児鍼 テーピング

HOME 淀川区十三 鍼灸 整骨院
治療案内 淀川区十三 鍼灸 整骨院
整体バランス療法
スパイラルテーピング
鍼灸
小児鍼
交通事故治療

治療のご説明 淀川区十三 鍼灸 整骨院
料金案内・治療の流れ
健康相談フォーム

市原整骨院について 淀川区十三 鍼灸 整骨院
院長挨拶
診療時間・アクセス
院内風景

お役立ちコンテンツ 淀川区十三 鍼灸 整骨院
患者様の声
よくあるQ&A
コラム

インフォメーション 淀川区十三 鍼灸 整骨院
プライバシーポリシー
リンク集

治療案内 鍼灸
    鍼灸

    HOME >> 鍼灸

鍼(はり)
鍼(はり) 施術に使用される鍼は、完全滅菌された1回限りで
使い捨てとなるディスポーサブル鍼を使用しています。
鍼は髪の毛ほどの太さで痛みはほとんどありません。

ツボを鍼で刺激することで、身体のバランスを整える
治療法です。当院では患者様の症状や体力などに
合わせて、鍼の使い分けやツボの選択をします。

置鍼(ちしん)
日本の鍼や中国の鍼がありますが、それぞれ鍼の長さや太さは多種類あります。
ツボを鍼で刺激することで、身体のバランスを整える治療法です。

当院では患者様の症状や体力などに合わせて、鍼の使い分けやツボの選択をします。

散鍼(さんしん)
鍼を刺入して直ぐに抜く方法です。
刺入に強弱をつけたり、鍼の太さを換えることで刺激量を調節することが出来ます。

通電(パルス)療法
刺入したままの鍼に低周波の電気を流します。
筋肉が脈拍に合わせて伸縮を繰り返すので血行が促進され筋肉がほぐれます。

皮内鍼
皮内鍼とは鳥の羽の様な形をした小さな鍼で、大きさは本体(羽の部位)の長辺の長さが
2〜3mm位で、鍼部の長さは3mm前後のものです。

治療法によって使い分けるのですが、どちらの鍼も刺したまま絆創膏でとめておいて、
四六時中微量の刺激を送り続ける治療です。

灸(きゅう)
艾(もぐさ)を皮膚に直接置く直接灸と、艾と皮膚との間に生姜や塩、ニンニクなどを敷く隔物灸、
直接皮膚に置かない温める温灸などがあります。

直接灸
艾(もぐさ)の形は円錐形で大きさは半米粒大。
艾を8〜9割程燃やして消す方法や全部燃やす方法などがあります。

熱いと言うよりはチクリといった感覚で熱いのを我慢して受ける治療ではありません。
また、火種が皮膚に接触しないように出来ますので火傷や跡形が残らないようにもできます。

PAGE TOP

sitemap
 ◆トップページ
 ◆治療案内         整体バランス療法スパイラルテーピング鍼灸小児鍼交通事故治療
 ◆治療のご説明       料金案内・治療の流れ健康相談フォーム
 ◆市原整骨院について   院長挨拶診療時間・アクセス院内風景
 ◆お役立ちコンテンツ   患者様の声よくあるQ&A院長ブログコラム
 ◆インフォメーション    プライバシーポリシーお問い合わせフォームリンク集
                                                                Produced by Plusline

市原整骨院 〒532-0023
大阪府大阪市淀川区十三東2-1-10
TEL:06-6301-5129 / FAX:06-6301-5106

                COPYRIGHT(C)2014 市原整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.