淀川区 十三 市原整骨院 鍼灸 小児鍼 テーピング

HOME 淀川区十三 鍼灸 整骨院
治療案内 淀川区十三 鍼灸 整骨院
整体バランス療法
スパイラルテーピング
鍼灸
小児鍼
交通事故治療

治療のご説明 淀川区十三 鍼灸 整骨院
料金案内・治療の流れ
健康相談フォーム

市原整骨院について 淀川区十三 鍼灸 整骨院
院長挨拶
診療時間・アクセス
院内風景

お役立ちコンテンツ 淀川区十三 鍼灸 整骨院
患者様の声
よくあるQ&A
コラム

インフォメーション 淀川区十三 鍼灸 整骨院
プライバシーポリシー
リンク集

お役たちコンテンツ コラム
    コラム

    HOME >> コラム

タイトル
なぜ子供は夜泣きをするのか?

「夜泣き」は生後2〜3ヶ月から1歳半ぐらいの赤ちゃんに見られることが多く、
寝る前までは機嫌も良かったのに、夜中に号泣する・・・これが「夜泣き」です。
一般的に生後6〜8ヶ月頃になると夜泣きを訴えるケースが多く診られています。

さて、夜泣きをする原因ですが、それはずばり「体内時計」にあります。
大人はいわゆる体内時計を持っています。
大人には昼は起きて、夜は寝るという習慣ができているのですが、
産まれて間もない赤ちゃんは、この体内時計がまだ未熟なのです。

しかし、これは赤ちゃんの睡眠がリズムを作っていく成長の一過程です。
治療を行いながら、お子様と一緒に付き合っていきましょう。


                COPYRIGHT(C)2014 市原整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.